インドア派な俺


by potetomvo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

いろいろ

こんにちは。
また間があいてしまいました。
毎度の更新が近況報告じゃ生存確認みたいで嫌なんですが仕方ないですね。

今回も前回からの間に何があったかの報告です。・・・

相変わらず仕事の虫になっているんですが、以前に比べては楽しているというか
暇ができているのでそれなりに持て余しています。
大きな動きと言えば、11月から店舗が変わり、実は日吉のほうに居ます(・ω・)
ですがですが!スピード異動でまた12月から別の店です。
前いた神谷町の店に戻るみたいですねもう。
でも良かったです。神谷町は年末年始は死んだように静かになるので仕事しないで済みそうです☆
クリスマスも力入れる必要なさそうだー。
ってなかんじ。



これだけではつまらないので、音楽ネタを・・・・・


といっても面白いネタがあるわけでもなく、持論をとくとくと。
最近聴いているモノはアジカンです。
すっかりJロックの顔になってしまって面白みがなさそうですが、
ここのとこすごい勢いでリリースしていると思えば出すCD出すCDと
どんどんPOPになってます。
いい悪いは人それぞれでPOPになったからもう聴かないとかは違うと思うんですが、
ギターロックのトップの行き着く場所がPOPというのが考えるトコかと思いました。

ボクはロックっこなので未だにPOPには抵抗といいますか、POPやってんのかよっ!ぺっぺ
みたいなとこがありますけど、そういうトコなしにして一回聴いてみないとだめですね。
POPって誰にでも受け入れられる性質があるから誰でもできるし
やれば誰でもそれっぽくなっちゃうんですよね。
たぶん多くのロックファンはその性質を嫌ってアンチPOPなんだと思います。

あえてカッコ悪く、あえてアクを出して、それでヘンと指差されて「これでいいんだよ!」
って言いながら共感してくれるリスナーを抱え込んでいくような
リスナーを選びつつ選ぶのはリスナーであるような結束の固いものですね(・ω・)


とまー前置きが長くなってしまいましたが、なぜロック界のトップである彼らがPOPを
選んだかですよね。おそらくは彼らにしかできないからだと思いました。
名実共に地位を確立している彼らがPOPをするから意味があるんですよね。
誰がやってもいいってわけじゃねぇんだ!というメッセージがあるのだと思いたいです。

一方ファンとしては戸惑うことと思います。
今までとノリが違うからね。
新しいファン層も増えることでしょう。
そういった新境地で今後どう展開していくかはとても楽しみであります(・ω・)




まぁ どういったジャンルでもいいものはいいものです。
[PR]
by potetomvo | 2008-11-24 21:46 | 音楽